SANPOU   KOKUERY HITOKOTO    GALLERY

2020.2.18

林檎のキャラメリゼとカスタードクリームは仲よし
林檎のキャラメリゼとカスタードクリームは仲よし

2020.2.17

「オニオンシュトゥルーデル送ってください」と

お電話をよく頂くのですが…申し訳ありません

ネット販売に対応できるようにするか悩んでいます

う~・・・ん


2020.2.16

冬時雨の中、ありがとうございまこんぶーー!
冬時雨の中、ありがとうございまこんぶーー!

2020.2.15

これから週末は雨になるようですね
これから週末は雨になるようですね

2020.2.14


 

出雲の田園地帯をガタンゴトン

 

一畑電車こと「ばたでん」の長閑な車内は

リアルな「世界の車窓から」

 

 

出雲大社前の駅舎は重要指定建築物で

 

駅舎の天井アーチやステンドグラス

かもめのようなシャンデリアが

 

構内で交差する人々を

静かに見下ろしながら時の波間を紡ぐ

 

 

そう

時の旅人といえば・・・

 

 

やっぱり 

たぬたぬ・・・でしょう?

 

期待にもれなく出雲にも居ました

 

 

たぬたぬに誘われて

出雲名物の割子蕎麦をズズズ…

 

 

出雲地方は甘めの醤油が土地柄だそう

 

そばつゆも甘めの濃い味で

コシのある手打ち蕎麦も新鮮でした

 

 

 

振り返り思えば

御縁のひとつひとつが道になってきた

 

どこかで誰と何がきっかけで

道ができていくのだろう?

 

 

どうやら旅も 道らしい

  

 

ご~縁は つづく~よ~♪

ど~こまでも~♪

 

 

2020.2.13

 

出雲の日御碕(ひのみさき)神社へ

 

伊勢神宮は日本の昼を守るといわれ

こちらは日本の夜を守る御社です

 

 

令和二年は

七赤金星中宮庚子の年で

 

子の歳神さまが

夜を司る一白に座位していることもあり

 

何となく思い立っての直観で

日御碕へと参じました

 

 

朱塗りの社殿も

年運と2月の月方位に合っていたのかなぁ…

 

気持ちが凪ぐ神域に

心身が癒されました

 

 

感謝ですね

 

 

 

昨日 参拝した出雲大社とは

また異なる聖地の精気に満ちていました

 

 

今年の七赤象意は

飲食の喜びや楽しみと相性が良いので

 

 

普段 外食の写真は撮らないのですが

慣れない手つきで

楽しみつつ・・・カシャッ

 

 


 

バフンウニの網元・花房商店さんで

 

ウニ好きの自分はウニ丼

店主はウニ入り古事記丼とノドグロの煮つけ

 

 

日本海のありがたい恩恵に

胃袋はウニ色に染まった大潮のよう

 

 

あぁぁ 

今も忘れられない

 

・ ・ ・ ・ ・

 

 

 稲佐の浜

 

 

圧倒されるほどの荒磯にポツンと

 

出雲神話の神々が一息つく東屋なのかも

 

旅はつづく・・・

 

 

2020.2.12

ウミネコの大群
ウミネコの大群

2020.2.11

今日はいつもより温かいたぬ~  おでかけ日和たぬ~
今日はいつもより温かいたぬ~ おでかけ日和たぬ~

2020.2.10

繊細な手作業です。大納言小豆のみで作るぜんざい
繊細な手作業です。大納言小豆のみで作るぜんざい

2020.2.9

葉っぱから芽が‥。見た人に良きことが芽出ますように
葉っぱから芽が‥。見た人に良きことが芽出ますように

2020.2.8

黄昏滑走路
黄昏滑走路

2020.2.7

石臼挽きの古代小麦全粒粉のルビーチョコサブレ
石臼挽きの古代小麦全粒粉のルビーチョコサブレ

2020.2.6

モーニングのお茶漬け膳の香の物を作っています

きゅうりのキューちゃんに続くか? ぼーちゃん

2020.2.5

国産の古代小麦全粒粉。作っている経過をチラ見世
国産の古代小麦全粒粉。作っている経過をチラ見世

2020.2.4

お店の神棚に祈願したての塩をお供えしました

この塩で本年も養菓子作りに励みます

2020.2.3

申し訳ございませんがモーニングもお休みします
申し訳ございませんがモーニングもお休みします

2020.2.2

 

 昇ってくる朝日のBGMは

うなり響く遠雷のような漁船のエンジン音

 

 

妙に同感した話をひとつ

 

日本の各地をロケしてこられた蛭子能収さんが

 

「日本の町の風景ってね~、どこにいっても

だいたい一緒なんですよね~

観光地もだいたい一緒、ハハハ」

 

 

案外と核心的なことを

言っているなぁと思いません?

 

 

2020.2.1

 

2月

水仙が微笑みはじめました

 

新型肺炎の影響でマスクが

赤穂でも完売している所が多いです

 

花も

なかったら困るものではないけれど

 

豊かな心を育んだり

目には見えない活力を与えてくれる

 

こんな世情にこそ

心まで感染されぬよう

 

花に微笑み返しができるよう

 

いま自分が根を張る場所で

心の免疫力を高めて過ごしたいものです

 

 

 SANPOU KOKUERY®

さんぽう穀ワリー

 

〒678-0215 

庫県赤穂市御崎2-1

TEL 0791-42-5155

 

 

 通常営業時間 9:00~17:00

(ラストオーダー16:00)

終日禁煙 15席

定休日 水曜・木曜(祝日は営業)

 

※神社参道を入ってすぐ右側の建物が当店です

※当店専用の駐車場が5台分あります