20年目の花

お店は 入口の引き戸を ガラガラと開けると

看板を掲げた 土間があります

 

土間の天井には

エジソンが発明した 真空製法の 復刻電球が やさしく灯り

 

桂の木の 看板の そばで

いつも 観音竹が 見守ってくれて居ます

 

 

実は 

 20年近くの つきあいなのです

 

なんと まあ 

 花が 芽吹きはじめました

 

 

観音竹の花は 20~30年で一度咲く といわれるほど

かなり 見ることが珍しい花

 

イネ科特有なのか お米 みたいです

 

この後 ピンク色が増して まるで 珊瑚のようになるのだそう

 

結婚して以来 

神戸・須磨区  ~  宝塚市  ~  神戸・北区  ~  

そして 現在の 赤穂市と

寝起きをともにして 

いっしょに居を移ってきた 旧知の仲なのです

 

たぶん 

誰よりも 近くで この20年の

泣き笑いも すべて 知っている存在

 

 

同じく土間に お仲間が

 

こちらは 

 

「なべちゃんは、観音竹が好きでしょ?」

 

と 6年前 

開店お祝に 弓削牧場のIさんたちが

届けてくれた

 

 

 

もう 20年 

まだまだ 20年

植物たちの 歴史と比べれば

わたしは 鼻たれ小僧です

 

 

 

 

6年目の土間で

 

まもなく 花と会える

 

 

 

もう少し

大きめの鉢に 替えるまで

しばし お待ちくだされ

 

そして  これからも どうぞ よろしく