植松努さん講演会

楽しみに 楽しみに 待ちわびていた

この日 行ってきました

 

なんと 植松さんを 姫路に呼んで下さった

主催の BNI白鷺チャプターの皆さまに 感謝です

 

お店が終わってからでも 間に合う距離にある 姫路で

なんてラッキーなんだろう♪ 

と喜んで この日を待ちました

 

400名ほどの 子供から学生さんを 無料招待されていて

植松さんは 講演時間の1分1秒 めいいっぱい使って 

来てくれた子供たちに たくさん話してあげよう 

という愛があふれていて 胸の奥が熱くなりました

 

本を読むこと 

が なぜいいのか ということも お話しされていて

とても うれしかったなぁ~

 

世の中には 人の可能性や自信を 奪う人がいる

生まれたときから あきらめ方を 知っている人はいない

その人も きっと誰かに 奪われた人

悲しい連鎖は なくそう

 

「なんでだろう?」

「だったら、こうしてみたら?」

 

やりたいことは やったことがある人と

仲良くなれば できる

分からないことは 調べるんだよ

分かってもらえる人に 出会えるまで 

あきらめないで 話そう

 

 

 

 

 

 

わたしも

そう 願いながら

 

SANPOUの本棚に

植松さんの本を

2冊 

いつも置いています

植松さんは こう言います

 

「子どもたちにあきらめ方さえ教えなければ、

 彼らは勝手に未来を切り開きます。

 どんなことでも、

 できる理由を考えればできるんです。

 できない理由を思いついたときは、

 それをひっくり返してください。

 それはできる理由になるんです」

 

 

「だったら、こうしてみたら?」

 

そんな 仲間に きっと もうすぐ 会えます

 

世界は ワンダー(知らないこと)に 満ちている

話そう!