SANPOUの粉もん

当店で お作りしている デリカ

「オニオン シュトゥルーデル」

 

無農薬 無肥料 固定種 の

自然栽培の玉ねぎ が なんと 主役

 

昔から その味に 全幅の信頼をおく

徳島の 阿波美豚 と合わせた

具材を 蒸し焼きにしています

 

SANPOUならではの

粉もん です

 

焼きあがる朝は 工房が 

いい匂いに 包まれます

 

これが好きだ という お客さまが

核心的な数 いらっしゃいまして 

なぜか 

ふしぎなことに 多くの

大阪の方に こう言われるのです

 

「これだけで 一軒の店できるよ」

 

大阪人 といえば 

ジャパンが誇る 尊敬すべき

粉もん王国の 方々

 

これ以上の うれしい言葉はありません

実は ちゃっかり

「おこのみシュトゥルーデル」

なるものも 作ってました

 

お好み焼が好きな客室係のHさんが

「お兄ちゃん、お好みしてよ~」

と 度々 おっしゃるので

はて? どないしようかいな…? 

と 考えて これが

出来た 所以(ゆえん)です

 

その流れで ついぞ

これに たどり着く

「お兄ちゃん やっと

作ってくれたんやね~!!」

 

と 喜んでいたHさんとの

笑ってしまう思い出です

 

菓子店に お好み焼を 強要する

Hさん 楽しいでしょう

そこが 好きでした

 

夏場は お休みしてますが

涼しくなったら また

ときどき 作って出そうかなぁ

 

 

大坂 という名の時代から

大阪は バリバリの 

商人(あきんど)根性 の町

 

センス 洒落 気質といい

随一のカルチャー がある町だと思う

 

大阪9年間 暮らしていたことが

懐かしくもあり ドタバタの青春で

思い出すのは 個性的な人ばかり

 

大阪文化 浪花文化

上方文化には 町人文化の匂いがある

デリカ シュトゥルーデルは

そのいい匂いを リスペクトして

誕生した 実話的

粉もん という話です