栗、はじまります

ようこそ 栗坊

久しぶり

 

ハリのある 丸丸とした

良い 顔に 

今年も また 会えました

 

うれしいなぁ~

「渋皮栗、もう、してますか?」

「渋皮栗、いつからありますか?」

「栗は、まだ?」

 

と 本日も

お問合せを いくつか頂戴しまして 

 

このところの

朝晩の 急な 涼しさでしょうか

 

今年は お客さまの

秋(栗)の感覚が 早いようです

 

ありがたいことに

毎年 楽しみに して下さっている

栗の 自家製 渋皮煮

 

出来上がりに 

丸4日は 要しますので

予定では

9月30日から お出しできそう

 

 

栗坊も

 

みなさまに お会いできることを

楽しみにしている 満面の顔

 

よく あることなのですが

銀寄栗の 中に

利平栗 が3個 混じっていました

収穫量が 少ないので

栽培者泣かせ と呼ばれる栗

 

頭のてっぺんの 長めの栗毛

めちゃくちゃ かわいい

こちらの 利平どん 

 

糖分による 浸透圧で

利平の 持ち前の 粉質の良さが

渋皮煮では 発揮できないので 

利平どん に限り 別のフィールドへ

 

栗それぞれの 持ち味 

加工法 ひとつで 

生かすか 殺すか 変わります

 

栗の 奥行き

 

毎年毎年 積み重ねても 

面白くて 勉強ばかり

 

あとは

自分が できることを 

誠心誠意 取り組むだけ

 

栗坊 よろしく

 

 

さあさ

 

おいしくなあれ の 時間ですよ