束ねていませんか

実りの秋も いよいよ

晩稲(おくて)ですね

 

 

わたしが 

稲穂を 好きな理由がつまった

この詩

 

「わたしを束ねないで」

童話社発行 新川 和江著