作為に走らず

なかよしMさん と Dさんが

たくさんの新鮮野菜 と

無袋栽培の りんご を持って

お店に 来て下さった

 

袋の中を 覗くと

野菜や果物  どれもが 

作為のない顔 

自分を 見上げる

 

自然(じねん)の輝きに

そして なにより

おふたりの 気持ちに

心の中で 手を合わす

 

今の 季節なら  

美味しさを 損なわない

蒸し が 一番かな

 

根菜は 体を温めるし

気力を 上げてくれる

 

ここのところ

試作や ご注文で

師走らしい時間を 費やしていて

 

こんな さりげない

作為のない温かさに 涙線がゆるむ

 

わたしは SNSに疎く

まったく といっていいほど

感知しない性分

 

作為を感じるものが 溢れていて

白けてしまうのが 正直な本心

 

時代遅れ なのかもしれないけれど

作為に走らず

批判はせず

良き霊性 良き本質  良きもの 

を  選びたい

 

正しい 正しくない で

分別しないで 物事を俯瞰したい

 

戦争や つまらない争い事も

つまるところ

正義 と 悪  の対峙ではなく

正義 と 正義 

互いの正義 が原因だ

 

認め合う 寛容さ は

自然(じねん)が すべて無償で 

たしたち人間に  教えてくれている

と 思う

 

 

さてと

 

蒸し器で 蒸されて

麗しい湯気をまとった 野菜に 

明日の活力を いただいて

 

さあさ

まだまだ 今夜も 

試作まっしぐら

 

作為のない 

代表のような人 

ふふふ