3星人

桜吹雪 はらはら 

 

 

新しい日常を 一歩一歩

はじめている方にも まばゆい季節

 

御縁あって このほど

ともに働くことになった お二人に

その一歩を伝えた ○○星人の話

 

ほうほう星人

からから星人

なりなり星人

 

この3星人の お話です

 

「~は、~のほうます」

「1万円から、お預かりします」

「こちらは、~になります」

 

量販店 チェーン店を問わず

個人店でも よく聞く  おかしな言葉

 

あやふやな丁寧を オブラードに包み

反に 日本語の美しさが伝わらない 

気になる 迷い言葉 です

 

 

茶道 華道 柔道 と

 と  つくものには必ず

(かた)があり 大切にされるように

 

基本の形を ないがしろにすると 

成長していくにつれて 見える視界は 

当然狭くなり 自由な表現に息詰まる

 

そこに

道 という気付き は生まれない

そう 思うのです

 

 

息詰まる とは 源が見えていないこと

 

 

なぜ 息詰まる のでしょうか?

 

 

それは 原点の形(かた)を

懸命 自分なりに会得するしかない

他人は 変わってあげられない

 

 

なので いつも

3星人と 勝手に名付けて

○○星人に  なっていませんか?

と 新しい方には 問いを促している

 

形を 知らないままの 接客言葉は

一人一人が放つ 本来の人柄や 雰囲気

その輝きを かえって無秩序にする

 

 

自由と 無秩序は 違う

 

一人一人 性質も 得意なことも  違う

一人一人 思いも 受け取り方も  違う

 

形が 自分の所作に なじんだ頃

その人なりの良さが 所作に現れ出す

 

まだまだ 自身も  その途上で

いい得たぎりでは ありませぬが

 

この3星人が すみやかに 

宇宙の彼方に お帰りになられるよう

お二人を この地球で見守ろうと思います

 

 

一生懸命よりも 一所懸命 

 

いま ここ に 心を注ぐ

言葉も 何事も シンプルを一番に  

 

 

はや 3星人が 

去りつつある Sさ~ん 見てるかな?