あおくんときいろちゃん

 

それは柔らかく透明な

美しいサンセットブルーでした

 

 

 

 

 

こんな夕空もいいかも

 

 

色の記憶へタイムトリップしてしまったから

 

 

レオ・レオーニ あおくんときいろちゃん

 

記憶では

 

保育園児のときに出会った絵本

 

 

レオ・レオーニの名作

「あおくんときいろちゃん」

 

 

 

 

 

ようやく出会った

あおくんときいろちゃん

 

 

うれしくて

うれしくて

 

 

抱き合って喜び合ううちに

緑色になってしまいます

 

あおくんときいろちゃん

 

 

それぞれ

おうちに帰ると

 

 

「うちの子じゃないよ」

 

 

といわれてしまう

 

 

ふたりは

悲しくて 悲しくて

 

 

泣いて 泣いて

 

ぜんぶ

涙になってしまいます

 

 

 

すると

 

 

 

 

 

 

・ ・ ・ ・ ・

 

つづきは

本屋さんにGO!してください

 

 

 

 

深くて透明で

 

それでいて

洞察されている絵本です 

 

 

 

ただ

個人的なお願いですが

 

 

 

この

あおくんときいろちゃん

もしくはレオ・レオーニ作品に

 

 

「意味を見つける」ことをしないでほしい

 

 

 

 

 

言葉の意味をなくすこと

 

 

言葉が邪魔をすることがある

という現実を知ること

 

 

「言葉」があるから

「よくものが見えない」ということがある

 

 

 

その答えが

まさしく「色」

 

 

 

「色」は「今」なのです

 

 

 

 

 

ちなみに

 

1980年にレオ・レオーニが日本に来日した際

 

 

レセプションパーティで

多くのイタリア人がひしめく晩餐の間で

 

 

タモリさんが

デタラメなイタリア語で

イタリア映画の一場面を披露して

 

 

 

さらに

 

タモリさん鉄板ネタの四カ国語マージャン

デタラメ外国語など

 

 

レオ・レオーニが大大爆笑!

大喝采を受けた伝説のエピソードがあります

 

 

 

さすが

 

レオーニさんは

タモリさんの「色」が分かる人だ!

腑に落ちたことがあります

 

 

 

 

タモリさんのハナモゲラ語

 

いや

ハナモゲラ思考をマスターしたい

 

 

 

密かな願望を温めています

 

 

さて

 

 

こちらは

ただいまSANPOUのきいろちゃん

 

 

 

 

「今」だけの「色」です

 

 

んん=運がつく

しあわせの黄色い金柑(きんかん)

 

 

 

古来より

 

「ん」が2度つくものは縁起物!

といわれています

 

 

 

 

れんこん

 

にんじん

 

 

 

に ん げ ん 

 

もそうですね

 

 

冬季限定の

 

「自家製きんかん湯」で温まりながら

 

 

 

に ん げ ん

 

 

 

の運について

 

ボンヤリと考えるのもいいかもしれません

 

 

 

 

しか~し

 

 

 

 

ここ最近ほんとうに

 

「苺苺すべった!」

 

 

 

ええ

 

 

  

 

 

 

ベリーベリー寒い!

ですね