世の中の片隅で

伊和都比売神社の片隅で

 

 

 

葉の落ちた冬木に

無数の白い花が咲いている?

 

 

なんとも美しい

 

 

 

 

 

地面を凝らして見ると

 

 

花ではなく

無数の白い実

 

 

 

 

葉の落ちた枝先に

割れた果皮からのぞく白い種が

 

 

青いキャンバスを彩っていたのです

 

 

 

 

こんなふうに

片隅でたんたんと生きる命が

 

 

生きることはなんぞや?

 

教えてくれているような気がします

 

 

 

もうひとつ

 

 

 

伊和都比売神社の片隅に

ひっそりと在る座禅石

 

 

 

当店の海側の席の真下に見えます

 

 

 

 

朝日に体面が向くような配置なので

 

 

 

おそらく

ここから古の人々は

 

 

海から煌々と昇る真っ赤な日の出を

 

見つめながら座禅していたのでしょう

 

 

 

 

 

ときどき

寺社仏閣に詳しいお客さまがお見えになると

 

 

「座禅石があるね。ここは古くから在る御社だね」

 

おっしゃられます

 

 

 

 

 

 

片隅にひっそり在るもの

 

 

 

ほんのひととき

 

目を凝らして世の中を見ると

 

 

 

 

いろいろな愛に巡り合えるかもしれません

 

赤塚不二夫

「幸福とは今日もおひさまが昇ること」撮影:和泉繁

 

天才バカボンは愛がいっぱい

 

 

 

赤塚不二夫さんの

愛の照れ隠し

 

 

だと

私はずっと思っています

 

 

 

 

 

また

 

さんぽうの珍言迷言

浮かんだら

 

 

 

ときどき記します

 

 

 

 

 

忘れてはいけない

もうひとつの

 

 

 

天才バカボンの片隅で

 

 

 

ウナギイヌも 愛ですね

 

 

 

 

 

NO HUMOUR   NO LOVE

 

ユーモアなくして 愛はない

 

 

 

 

ワンワン