めざせ!瀬尾一三!

瀬尾一三

編曲家(アレンジャー)の瀬尾一三さん

 

 

 

憧れというよりも

憧れの最上級

 

 

 

その

時代感覚の魔法を知りたい

 

 

魅かれる御方です

 

 

 

 

 

時代を映し

時代に刺さり

いつまでも色あせない名曲たち

 

 

吉田拓郎 落陽

吉田拓郎「落陽」

 

かぐや姫 22才の別れ

かぐや姫「22才の別れ」

 

 

今も聞いている

ムッシュの名曲も

かまやつひろし 我が良き友よ
いちご白書をもう一度 バンバン
杏里 オリビアを聴きながら

 

この歌は

 

そもそもオリビアという外国歌手を

個人的に好きな杏里が

オリビアを聴いているときのシチュエーション

 

そんな歌を作ったら面白い

瀬尾さんが発案した名曲なのです

 

 

 

 

 

まったくもって余談ですが

 

 

 

6才上の兄が

初めて彼女を家に連れてきたとき

 

 

杏里さん似の彼女を見て

 

当時

中学生の私

 

この歌が醸し出す

アンニュイな大人の女性の恋愛模様と

彼女が重なって

 

 

兄が急に大人に見えたことを

思い出されます

 

徳永英明 壊れかけのRadio

 

こちらも名曲中の名曲

 

 

 

 

 

これまたもって余談ですが

 

 

 

かつて放映していたテレビ番組の

「タモリのボキャブラ天国」で

 

 

 

♪壊れかけの~がじろう~♪

 

 

 

そうです

寅さんの源吉こと源公

 

佐藤蛾次郎さん登場の名ボキャブラ

 

佐藤蛾次郎

 

 

以来 今だに

この曲の最後を口ずさむときは

「がじろう~」です

 

 

 

佐藤蛾次郎さんは

私にとって愛すべき笑いのツボ

 

 

もとい

愛すべき笑いの徳利です

 

 

いい酔いをくれますから

 

中島みゆき 空と君のあいだに

 

まだまだありますが

 

ほんの少し

ご紹介しました

 

 

 

 

 

原詩原曲のアーティストを導いて

表舞台を支える編曲(アレンジ)は

 

 

 

原曲やアーティストへの敬愛と

冷静な感覚のもと生まれるのだと思う

 

 

 

 

きっと

 

熱くなり過ぎてもいけなくて

 

 

 

冷めない距離にいながら

 

絶妙なクールな熱視点

とでもいうのでしょうか

 

 

 

 

とにかく

私の中では

魔法使いの御方なのです

 

 

 

 

ああ

本当に知りたいなぁ

 

その魔法の杖を

 

 

 

 

 

 

 

さて

 

 

なぜ

こんな話をしているのか?というと

 

 

今日

夕方聴いていたラジオがミスチル特集で

 

 

かのミスチルも

アレンジャーとの出会いで

一気にメジャーへの階段を駆け上がったのは

ファンの間では周知の物語

 

 

 

 

原石は磨いてこそ

宝石になる

 

 

原石のまま

それもそれで美しいけれど

 

 

 

でも

 

宝石になる光をもつ原石の

見はてぬ輝きに希望を感じる

 

 

その光を見過ごせない

 

 

 

そんな気持ちなのでしょうか

 

ジョニーケイク

一見すれば

ホットケーキ?

 

 

いえいえ

 

 

この御方は

Johnny  cake(ジョニーケイク)

 

 

 

旅するケーキという意味の古い菓子で

その名も起源も謎のまま

 

 

 

 

インディアンが

とうもろこしの粗挽き粉を水でねり

平たくして熱くなった灰の中に埋めて焼いた

それが起源ともいわれ

 

 

 

長旅の際に

 

旅人が鞍袋に入れて持ち歩いて

旅の途中で

焼いて食べたりしていたとも

 

 

 

そんな謎めく食べものに

昔から心惹かれていて

 

 

いつか作りたいと

心の片隅で焼いていた

オリジナルレシピを温めてきました

 

 

 

 

そう

 

私たちの中にあった

ひとつの原石がジョニーケイク

 

 

原石には夢と希望がある

見過ごせないのです

 

 

  

 

 

来年早々

瀬尾一三さんの第二作品集が発売されるのも

楽しみな今(ワクワク)

 

 

 

よーし

 

時代を旅してきたジョニーケイクを

作るのはこのタイミングだ!

 

 

旅する

ジョニーケイクのアレンジャーになる!

 

 

 

 

そう

勝手口から飛び出した勝手が

出てったきり帰ってきません

 

 

 

 

 

おーいお茶

 

 

・・・・・

ではないけれど

おーい勝手

なにをする?です

 

 

 

 

というわけで

 

勝手ながら 

寒さが増してきたので

 

 

 

温かいモーニングを召し上がっていただこうと

冬版にメニュー替えしました

 

 

 

「まごはやさしい特製お茶漬け膳」に続き

「ジョニーケイク」が 

初お目見えと相成りました

 

 

 

 

起源を敬愛して

小麦粉不使用を守り

 

 

とうもろこしとお米で作っている

旅するケーキです

 

 

 

 

お持ち帰りできる

ジョニーケイクの誕生は

 

もうしばらく時間をください

 

 

 

 

お待ちくださいね

 

 

 

 

 

めざせ!瀬尾一三!

 

 

色あせない旅の味

めざします!