分岐点

人生の分かれ目

とは良く耳にする言葉で

 

大なり小なり、人それぞれにあって

その選択で今がある

 

 

  

じゃあ

自分はどうなのか?

 

 

 

振り返るとまあ、あるあるあるあるあるあるあるあるあるあるあるある

 

 

傷跡を含めても

キリがありません

 

 

 

 

 

そのひとつが1062日前

 

 

この日を境に

お店で出していたコーヒーをすっぱり辞め

 

コーヒー豆を一切使わない

カフェインゼロの自家焙煎穀物珈琲

「穀琲」へと全面的に変えた

 

 

 

 

それまでコーヒーは

シングル豆を贅沢にブレンド用に選び

オリジナルブレンドとして出していて

お客様にも喜んで頂いていたが

 

 

それと平行して

丸1年ほど実験的に

自分たちが作った穀琲を飲んでいた

 

 

 

 

夫婦共々に体調が良くなり

疲れ気味だった目が楽になり

安堵感というか気分が落ち着き

心身の変化を実感する日々が続いた

 

 

 

「これを必要とする人がきっといる」

 

 

そう気付いてしまった以上

選択肢はない

 

 

 

 

コーヒーを続ける理由が思い当たらない

 

 

 

自分たちの体が整えられたように

お客様の体にもきっといい

 

 

 

 

コーヒー豆の在庫がまだ結構あったが

「この在庫がなくなってから」とも

一切思えなくて切り替えた

 

 

気付いて行動した1062日前

 

それが

私たちの分岐点

 

 

 

 

昨日

 

妙見山の伏流水を飲みに

妙見ケーブルに久しぶりに乗って

 

 

ぼんやり線路を眺めていたら

これからのSANPOUの分岐点を

ささやいてくれた気がした

 

 

 

 

そう

 

道中の里山で出会った

信楽焼のたぬたぬ

 

信楽狸って

個人的にコンテンツとして凄い

と思っている

 

なんで

日本中のどこそこあちこちにいる?

 

 

おとぼけ顔とその風貌で

路傍の石のように時代を見続けている

 

 

 

よし、自分も

たぬたぬでいよう

 

 

 

コーヒー豆ではないですがなにか?