波の上のキネマ

これは物語だろうか?

 

 

 

 

 

 

胸の奥がうねりを上げる

 

 

 

「目には見えん何かが、あんたの背中を押した。それが運命や」 

 

 

 

 

物語の第5章にある台詞が

マングローブの木霊になって

 

 

読み進めている間中

からみついて離れない

 

 

 

 

 

す すごい…

 

 

 

凄まじく

五感が錯綜する長編小説です

 

 

 

 

 

思うに

 

 

読む人それぞれが

 

想像力の碇(いかり)を降ろして

大海原の緑の牢獄である島に居る

 

 

 

 

ぜひ

 

この本は

 

 

 

事前情報を頭に入れないで

読んでいただきたい物語です

 

 

 

 

この

 

底のしれない感動と

自分の頭の中で回り続ける映写機を

 

 

ぜひ体感していただきたいので

 

 

 

詳しく伝えるのは止めますね

 

 

 

 

 

 

ただ

 

 

産業遺産といわれる場所が

この国にある意味を

 

 

その閉ざされた歴史を

 

 

運命というフィルムに焼き付いた

この物語を通して

 

 

 

想像する人が増えることで

 

今を生きる問いになるような

 

 

 

そんな

気がします

 

 

 

 

 

チャップリンの「街の灯」をはじめ

 

 

名映画が

色濃く運命に絡み合って

 

物語をより濃密にしていく

 

 

 

 

 

 

この本をきっかけに知った

 

 

尼崎にある塚口サンサン劇場

 

行きたくなりました

 

 

 

2月は

チャップリンの「サーカス」があり

 

 

35mmフィルム映画の上映もするそう

 

 

チャップリンも思うはず

 

 

 

 

 

街の灯は

 

 

 

街の映画館であり

 

街の本屋だ

 

 

 

ブックランドフレンズ

 

波の上のキネマに掛けていた

 

 

ブックランドフレンズさんの

ブックカバー

 

 

 

 

汗と涙で

紙がよれよれになって伸びてしまった

 

 

 

 

 

本以上のものを。

 

 

 

 

どうも

ありがとう