平成納めのとんど祭り

 

昨日

 

地域の方々の手で組まれた「とんど」

 

 

 

 

当日の天候は

なにより気に掛かるところ

 

 

 

 

 

見上げる人が後をたたない

夕暮れどき

 

 

 

昨日の日没は

 

 

チャコールグレーの重たい雲が

逃げていくかのように

 

西の空が紅く染まっていたのでホッとする

 

 

 

大丈夫そう

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

強風もない今朝7:00

 

神事のあと無事点火

 

 

 

来年は

 

 

??元年のとんど祭り

 

 

 

 

 

平成は31年と短い元号とばかり

思っていましたが

 

 

 

 

先日 

 

 

ラジオで

日本の歴史を俯瞰して見ると

 

平成は長い方なのだと聞いた

 

 

 

昔は

天災や飢饉があるたびに

ひんぱんに元号が変わったそう

 

 

 

 

なるほどね~

 

 

 

そう

ラジオでうなづき

我が平成を振り返ると

 

 

 

 

平成元年当時は

高校3年生で

 

卒業と同時に大阪へと船出をした年

 

 

 

 

ひとり暮らしをして

働きながら夜間の専門学校に通っていた

 

 

 

世界が一新して

なにもかもが新しい経験

 

平成の空気を生活でも謳歌していた

 

 

 

 

 

 

昇る炎が

早朝の空を焦がす朝

 

 

 

 

とんどの炎を見つめている方々も

 

 

こうして

写真の中の炎を見ている皆さまも

 

 

 

 

どんな思いが去来する

平成納めのお正月でしょうか

 

 

 

 

 

書き初めが

炎の中で舞いながら空に消えていく

 

 

 

 

心の中でしたためた

 

自分の書き初めも

 

 

 

 

 

平成の空に

消えていった朝でした