雪月花に憶(おも)う

なんだか

今朝は冷えるなぁ

 

 

 

 

昨日の朝

 

窓を開けて

驚いた方も多かったことでしょう

 

 

 

 

 

雪月花(せつげっか)とは

日本の四季の自然美を表した言葉

 

 

 

 

 

冬の雪

 

いいですね

 

 

 

 

お宮も

 

お店を守ってくれている松も

 

 

 

 

お店の入り口の

 

マサキ トベラ クスノキ

 

根元のサツキ も白化粧に

 

 

 

お店の屋根を超えるようになった

クスノキ

 

 

 

 

植栽された木ではなくて

 

 

鳥が落としていった種

が根付いたものだと

 

 

以前の持ち主の方から聞いた

 

 

 

 

 

自然の生命力って

たくましい

 

 

 

 

 

朝は

 

 

しんしんと降る雪を見ながら

 

 

 

雪見酒ならぬ 

雪見穀琲

 

 

 

 

思わず

 

百楽天の雪月花の詩を浮かべ

 

 

 

 

つかの間

 

白い静寂(しじま)を

楽しみました

 

 

 

 

 

 

こんな白い静寂の海辺へ

来て下さった方々が

 

温まって下さればいいなぁ

 

 

気持ちばかりの

よもぎ茶

 

 

 

 

思いのほか喜んでいただけて

ホッ‥‥

 

 

 

この

よもぎ茶を作ってくれている御方は

 

 

90才に近づくであろうとは思えないほど

元気元気!

 

 

 

 

自転車を

ケンケン(!)しながら飛び乗って

 

ゴンゴン走っています

 

 

 

 

 

 

やっぱり

 

 

血液と腸がきれいなことが

元気の秘訣ではないか と

 

 

 

 

 

ご自分でも

よもぎ茶をよく飲まれているという

 

その

お姿を見る度いつも思う

 

 

 

 

 

 

ほぼ茎はなく

 

よもぎの葉のみを

丁寧に摘んで下さっているのです

 

感謝

 

 

 

 

 

 

よもぎ茶

かきどおし茶は

御愛飲の方がとても多い薬草茶

 

 

 

夫婦ともに

体調管理に欠かせない薬草で

体を調整してくれるお助け茶です

 

 

 

昨日の

雪化粧の中でも

 

凛と咲いていた水仙

 

 

 

 

 

その元気を

お客さまにも見ていただきたくて

 

 

 

 

お店の入り口土間の

吊り花器に飾りました

 

 

 

 

 

 

 

分かる方には分かる

この土台

 

 

三味線(しゃみせん)ケース

 

 

 

 

 

 

 

実は

これを飾っている億(おも)い

 

理由があるのです

 

 

 

 

 

 

開店して8年

あえて

お伝えしたことはないですが

 

 

 

 

この機会に

 

 

 

それでは

 

 

 

 

 

 

三味線と掛けましてSANPOUと説く

 

その心は

 

 

 

 

 

 

 

SANPOUよし(三方よし)の味

 

 

「三味」線

 

 

 

 

 

 

ダジャレか

心意気か

 

 

 

さて

どうでしょう

 

 

 

 

 

 

雪解けの水仙に

億(おも)った日です