自然界の掃除屋

 

はい

 

フンコロガシです

 

 

 

 

 

漫画「かってにシロクマ」にも

たびたび

登場する生真面目な虫

 

 

 

 

 

 

昨日のラジオで

 

 

鹿がたくさんいる奈良公園は

鹿が一日に出すフンの量が

 

 

 

なんと!

 

1日1トン!

 

 

 

 

でも

 

 

 

人間が掃除や処理を

することなく済んでいるそう

 

 

 

それは!

 

 

 

 

奈良公園の土壌に住み着く

フンコロガシが

 

 

1日1トン

毎日分解してくれるからとか

 

 

 

 

 

わわわわわわわ!!!!

 

 

 

 

「自然界の掃除屋」

「自然界の分解者」

 

 

とも呼ばれるフンコロガシ

 

 

 

 

さ ら に

 

只者ではありません

 

 

 

 

 

 

昆虫の中で唯一

「体内コンパス」を持っている虫で

 

 

 

 

 

天の川の帯を道しるべに

 

 

最短距離で

 

しかも一直線に

安全な巣に運ぶルートを読んでいるそう

 

 

 

 

えええええええ!!!!

 

 

 

 

 

天の星や

月の位置を感知する

 

体内コンパスを持っているのです

 

 

 

 

 

 

ラジオで初めて知った

フンコロガシの生き様

 

 

 

知られざる世界に耳を疑いました

 

 

うそやん・・・えらい虫やん

 

 

 

 

2月の

冬の大三角の星空を見ていたら

 

 

 

名もない星に

命名したくなりました

 

 

 

 

 

昨日の日曜日は

 

 

赤穂御崎で月一度行われている

御崎マルシェ

 

という朝市が界隈であるのですが

 

 

 

 

境内での

タバコのポイ捨てがひどくて

 

 

 

 

翌日の今朝

 

いつものように拾いましたが

 

 

 

・ ・ ・ ・ ・ 

 

 

41本ものタバコが

捨てられていました

 

 

 

 

 

ごみステーションも

 

 

マルシェの翌日は

 

住民の皆さんが出さない

段ボールに詰められたゴミが無造作に

置かれています

 

 

 

 

 

 

悲しい

 

 

 

 

 

 

それでも

 

マルシェが始まった当初の方が

もっとひどくて

 

 

 

 

 

マルシェの翌日は

 

木々の茂みに

足が折れた折りたたみテーブルや

壊れた簡易パイプイスが

隠されるように捨ててあったり

 

 

 

境内に

トロ箱の氷水を捨ててあったり

 

 

暑い夏場に

境内の清め水を竹尺ですくって

頭や顔を洗っていたり

 

(この時はさすがに注意する声掛けをしました)

 

 

 

 

 

神さまが通る

鳥居の真ん中にも

 

車車車・・・

吸い殻吸い殻・・・

 

 

 

 

 

鳥居の手前で会釈して

 

車を除けながら

真ん中を通って正式な参拝をしている人の

姿をお見かけすると

 

いつも悲しくなる

 

 

 

 

 

鳥居の真ん中は

 

神さまの通り道

 

 

 

 

 

 

 

私たちは

少数派の意見かもしれない

 

 

 

 

イベントの良し悪しではなく

 

 

 

神社という心の在り所を

 

 

 

大切にする気持ちを汲んでくれる人が

増えてほしいと

 

切に願っています

 

 

 

いつも顔を合わせるKさん

 

 

 

「わしは仕事でやってるだけやから~」

と言いつつ

 

 

一緒に掃いて

きれいになった参道を見て

 

 

 

「キレイとやっぱ気持ちええなあ~!」

と笑う

 

 

 

 

 

 

「キレイは気持ちいい」

 

 

 

 

 

それにすべて

 

含まれている気がする

 

 

 

 

 

 

掃除屋のフンコロガシは

ここにいないけれど

 

 

 

 

 

フンコロガシが

天を見ていることに励まされて

 

 

 

 

 

ラジオに感謝

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが

 

 

 

フンコロガシは

エジプトのスフィンクスなど

 

 

古代遺跡の壁画に描かれて残っています

 

 

 

 

 

古代の人々は

 

フンコロガシが

太陽を転がして昇らせると信じて

崇めていたそうですよ

 

 

 

 

古代から

その生き様に

太陽神を重ねていたそう

 

 

 

これも昔

ラジオで聞いた考古学者の話

 

 

 

 

 

ラジオって

面白いのです 

  

 

これから

 

 

 

 

朝日を見れば

 

フンコロガシが

太陽を転がしている気がして

 

 

 

 

 

 

夜空を見上げれば

 

こう思う

 

 

 

 

 

 

自分が信じる

星を

 

道しるべに生きる