ノーサイド

時は20才

 

 

 

 

 

毎日

 

絵ばかり描いていた

時代遅れの勤労学生

 

 

 

 

いやおうなしに

就職活動が近づき・・・考えた

 

 

 

 

 

ある日

 

いつものように

いいちこのポスターを

地下鉄構内で眺めていると

 

 

 

 

! ! !

 

 

 

電 光 石 火

 

 

という言葉を

 

初めて

肌身で実感しましたね

 

 

 

 

 

広告デザインの中でも

 

言葉(コピー)の世界に行きたい

 

気づいた瞬間でした

 

 

 

 

 

しかーし

 

 

 

学校の求人票の掲示板を見ても

そんな職種の募集は

 

ないないないないない……ない!

 

 

 

 

先生に聞いても

 

「デザイン学校に来たのにデザインとちゃう?

コピー? そんな募集あらへんで」

 

 

 

 

 

考えた末の荒技が

 

 

まったく関係のない

他の専門学校に忍び込んで

 

壁に貼ってある

求人票をかたっぱしから見て回った

 

 

 

 

 

すると

 

 

 

あった! あった!

 

 

 

とある写真専門学校に

コピーライターの職種の応募が1社

 

 

 

求人票をコピーなんてできないので

コソコソとすべてメモして帰り

 

 

すぐさま電話した

 

 

 

 

募集を出されている学校の学生ではないこと

夜間部であること

面接をお願いしたいということ

 

 

 

 

そして

やっとつかんだチャンス

 

面接の当日です

 

 

 

 

意気込んで

重たい作品集(B2版)を抱えて会社へ

 

 

 

 

 

扉を開くと

 

 

紺色のリクルートスーツに身を包んだ

就活生たちの姿に仰~天

 

 

 

 

上下1,000円の

茶色のパンツスーツで

 

 

どでかいファイルを持った人なんて居ない

 

 

 

・ ・ ・ ・ ・ 

 

 

 

場 違 い

無 知

 

 

という言葉が

自分の辞書に途方もなくあったようです

 

 

 

 

 

並んで待つ

就活生の方々の目線が刺さる中

 

 

 

案の定

 

面接は一番最後でした

 

 

 

 

 

 

しかしなんと

 

 

 

奇跡の女神が微笑んで

 

 

コピーライター集団の

気鋭の会社に入ることが叶った

 

 

 

 

 

 

初給料をいただくまでの1か月は

 

 

 

面接時の茶色のパンツスーツの

この写真のパンツで出勤してたかなぁ

 

 

 

 

 

当時は

パソコンはまだ普及してなくて

 

 

 

東芝ルポが最新鋭

 

 

印刷が感熱ロール紙の時代です

 

 

 

 

やがて

スマホの時代がやってくるなんて

 

 

 

思いもよらない速度で

時代は進んでいるなぁ

改めて思う

 

 

 

 

 

入社後

 

しばらくして

 

 

 

 

クライアント先に向かう地下鉄の中で

社長に聞いた

 

 

 

なんで私を採用して下さったのか

 

 

 

すると社長

 

 

 

「面接のとき”靴からイメージするもの”を書く

アンケートがあったでしょ。だいたいの人は

”シンデレラ”って書いてたんだけど、きみだけ

”チャップリン”って書いてたんだよね」

 

 

 

 

「あと、”好きな広告のコピーはなんですか”

のアンケート。これも、JR東海の”日本を休もう”って

書いてる人が多かったんだけどね、また、きみだけ

”いいちこ”と”カネテツデリカフーズの保存料無添加”

の広告が好きだ、って書いてたんだよね」

 

 

 

 

社長は続けて

 

 

 

「それで。なんで、靴がチャップリンなの?ふつう、

チャップリンだとさ、山高帽とかステッキとかヒゲとかさ。

なんで靴? それ、聞きたかったんだよね」

 

 

 

 

・ ・ ・ ・ ・

 

そんな

外れた答えを

私だけ書いていたとは・・・

 

 

 

 

正直

 

とても恥ずかしかったのを覚えています

 

 

 

 

 

でも

 

なにが幸いするか

後にならないと本当に分からない

 

 

 

 

人生は旅といいますが

 

 

旅は奇想天外

 

思いもよらない運命が待っています

 

 

 

 

 

ちなみに

 

なぜ

靴からチャップリンを連想したのか?

 

         ↑ 

当初は普通の大きさに見えます

 

 

が!

 

       ↑

しだいに

大きすぎるブカブカの「どた靴」に

 

 

 

 

 

チャップリンが

 

チャップリンの世界観を表現するために

 

表情豊かな動きに見えるために

 

 

 

選んで履いているのだろうな

思っていたから

 

 

 

 

 

 

 

社長は続けて

こう言いました

 

 

 

 

「コピーライターに一番大切なものが分かるか?」

 

 

 

 

もちろん

分からないので首を横に振る

 

 

 

 

 

「ちゃんと生活すること。ちゃんと食べる、ちゃんと遊ぶ、

ちゃんと生活すること。生活者のプロでないといいコピーは

生まれない。発想も視点もちゃんと生活することからだ」

 

 

 

この言葉は

 

20才のときからずっと忘れられません

 

 

 

 

今も大切な言葉です

 

 

 

 

 

大切な言葉が

 

もうひとつ

 

 

 

 

 

「いいちこ」の40年もの旅を見続ける

 

このゴールポストが教えてくれた

 

 

 

 

「ノーサイド」

 

 

 

 

 

ラグビーは

 

 

試合が終わったら

敵味方ではなくなって

 

 

互いの健闘をたたえ合う

 

 

 

 

 

それが

 

ノーサイド

 

 

 

 

 

 

先日

 

 

友人に

うまく伝えられなかった

この心意

 

 

 

言葉を荒く消費して

友人自身を汚してほしくなかっただけ

 

 

 

 

まだまだ

 

自分は言葉の魔法使いになれない

 

 

 

 

 

そう

 

誰もが

 

 

 

 

ノーサイドでいたら

 

人生いつだって

幸せな旅になると思うけれど

 

 

 

 

 

 

 

 

そう

 

20才の運命を左右した

 

 

 

もうひとつのノーサイド

 

 

 

 

カネテツのてっちゃん! ! !