「好きの虫」がすむところ

おととい

 

 

NHKラジオ第1で

立川談志さんのアンドロイドと

 

 

談志さんの大ファンでもある

女優の坂井真紀さんが対談した番組

 

 

 

 

アンドロイドが

ラジオのパーソナリティに!?

 

 

しかも

鬼籍に入った談志さん!?

 

 

 

?&%□:@$#▽・ ・ ・ 

 

 

 

驚きを通り越して

興味し ん し ん

 

 

 

 

 

 

まるで

 

生前の御本人が話されているような

独特のワードセンス

 

 

 

口調 息づかい 合いの手 までも

 

 

 

 

 

坂井真紀さんの号泣が止まらない

 

 

 

 

 

AIと霊界がつながっている?

 

 

 

そんな

初めての5次元ラジオ

 

 

 

残像と妄想が駆け抜けた50分間でした

 

 

 

 

 

 

このラジオ放送の翌日

 

 

 

大納言ぜんざいを食べに来てくれた

ふたりの小さなお客さまへ

 

 

 

陰ながらの御祝エールと

 

皆さまへのお福分けとして

 

 

 

 

談志さんがアンドロイドとなって

よみがえった言葉を記します

 

 

 

  

 

 

その前に

 

 

 

小さなお客さまの思い出話に

少々 お付き合いください

 

 

 

 

 

あれは 6年前

 

 

 

もうすぐ店仕舞いという夕方の

夏の日

 

 

 

 

長い紐のついたガマグチ財布を

首からぶら下げた

真っ黒に日焼けした女の子と

 

 

色白の柔らかそうな髪をした女の子

 

 

 

 

見るからに

小学校低学年の子どもがふたり

 

お店に入ってきた

 

 

 

 

 

ん?

 

 

保護者らしき人は‥‥いない?

 

 

 

 

こちらを

じーっと見つめて立っている

 

 

 

 

 

しばしの

見つめ合いのあと

 

 

 

 

 

 

「・・・食べるの? 」

 

 

 

 

 

と声を掛けた

 

 

 

 

小さなふたりは

小さくうなづいた

 

 

 

 

 

それからの お客さま

 

 

 

 

 

 

ここで

 

ちょっと話が反れますが

要点でもあるのでご容赦下さい

 

 

 

 

(たぶん自分だけだと思うのでスルーもどうぞ)

 

 

 

 

 

幼いころの私は

 

子ども扱いする大人のひとが苦手で

 

 

 

たとえば

 

 

 

目線を同じ位置にして

かがんで話してくれる大人や

 

 

子ども相手の口調で話しかける大人

 

 

 

 

談志さん的な表現で言うならば

 

 

 

「なんとなく据わりが悪い」

 

 

 

 

なんでしょう

 

 

 

対 ひとりの人間というよりも

「子ども」という枠に入れられた感

 

 

大人顔の押し付け感が気持ち悪く

 

 

 

そんな大人のひとだと感じると

好きになれず じーっと観察する

 

ひねくれた子どもでした

 

 

 

 

 

 

中学2年生のとき

 

 

 

RCサクセションの歌

「ぼくの好きな先生」を初めて聞いたとき

 

 

 

(自分と同じ感覚のひとがいた!)←心の叫び

 

 

 

自分の「好き」と「好きじゃない」は

いいんだ

 

 

 

 

人とちがう

自分だけの「好き」を素直に認めていいんだ

 

 

 

安堵して嬉しかったことを

今でも覚えています

 

 

 

話をブーメランしますね

 

 

 

さて

 

ふたりの小学3年生の女の子

 

 

 

その後も毎年 

ガマグチ財布を首からブラブラ

 

ぶら下げてやってきた

 

 

 

 

顔よりも高さがあるかき氷を

ふたり仲良くスプーンで食べ合って

半分こ

 

 

 

半分ずつ食べるのだから

 

初めから半分にすることもできるけれど

 

 

 

半分こ

 

 

 

それが記憶に残る大事なところ

 

 

だから 

しませんでした

 

 

 

 

子どもだから

 

子ども扱いされることが苦手だった

幼いころの自分もあって

 

 

 

やっぱり

大人の方への提供と同じに

 

 

 

 

すると

なんと まぁ

 

 

 

年々ふたりは 

かき氷の食べ方が上手になって

 

 

 

かき氷を半月盆にこぼさないで

 

 

一滴も残さず

 

きれいに

半分こで食べるような見事さでした

 

 

 

 

 

小学6年生になった年は

 

 

 

大きくなってきたから

そろそろ今年は・・・と

 

 

 

あらかじめ半分こにして

気持ちばかり

氷の山も大きくしたりして

 

 

 

やったー!

という嬉しそうな顔も

 

 

ちょっぴり

おませな顔になっていたかなぁ

 

 

 

 

 

 

小学校の卒業のときは

 

 

ふたりは

仲良く大納言ぜんざいを食べていました

 

 

 

そう

 

昨日のように

 

 

 

 

 

 

いまはもう

 

ガマグチ財布を首にぶら下げていないし

真っ黒に日焼けもしていない

 

 

 

春からは

高校生のふたり

 

 

仲良しの面影は

あの頃と

ちっとも変わらないのです

 

 

 

 

 

そんなふたりへの御祝エールを

 

 

談志さんのアンドロイドが

代わりに

語ってくれました

 

 

 

 

 

好きなことは

簡単に目に見えるわけではないし

 

 

 

勉強を人並み以上にやったから

手にできるというものでもない

 

 

 

それでは

 

 

 

「好きの虫」のすむところって

どこなのでしょうか

 

 

 

 

次回 ←(次回かい!とツッ込まないで)

 

 

 

 

談志さんのアンドロイドに

 

語っていただきましょう

 

 

 

 

↓  ↓  ↓

 

 

オマケに

 

談志節を一席

 

 

 

 

テケテンテンテンテン・・・・

 

 

 

「酒が人間をダメにするってぇんじゃねえんだな。

人間はもともとダメだってぇことを酒が教えてくれるんだな。

だから私は酒はやめない。ハイ」