明日への送り火

 

今日は

曇りの薄暗い日暮れだな

 

と思ったら

 

 

 

 

 

 

突如

 

厨房の窓をまばゆい閃光が差した

 

 

? ? ?

 

 

 

!    

 

 

 

なんとなくの勘 

ですね

 

 

(今日の夕焼け劇場‥‥レアかも)

 

 

 

すぐさま

 

 

お店を飛び出した

 

 

 

 

 

 

虹!!!

 

 

 

 

灯篭や鳥居も

 

 

くっきり

浮き出るほどに照らされていて

 

 

 

  

 

 

 

夕陽を彼方に

 

 

 

海面から昇り

 

大きく弧を描いていた

 

 

 

 

 

 

島影のてっぺんが

 

 

 

夕陽を受けとめた数秒間

 

 

 

 

太陽フレアが

 

一気に吹き出したかのように

 

 

 

 

瞬間

 

空と海を

オレンジ色に染めた

 

 

 

 

 

 

その後は

 

 

夕焼け劇場の幕開けだ

 

 

 

 

 

 

妖艶な夕闇

 

 

 

たとえる色が

見つからない

 

 

 

 

 

 

 

祥吉さんや銀波荘さんに

 

 

今日

宿泊されている方は

 

 

 

 

 

運がいいなぁ

 

 

 

 

見ているかなぁ

 

 

 

 

 

 

ぼんやり考えながら

 

 

 

 

 

 

 

 

見つめて佇んでいるうちに

 

 

夕焼け劇場の幕は

あっさりと降りた

 

 

 

 

 

 

ほんの

 

 

10分にも満たない一期一会

 

 

 

 

 

 

人との出会いも

 

 

 

この星の寿命で見たら

 

ほんの数秒

 

 

 

 

 

 

夕日は

 

 

明日への「生命(いのち)の送り火」だ

 

 

 

 

 

お疲れさま

 

ありがとう

 

 

 

そして

 

また いつか

 

 

 

 

共に

ありがとう

 

言い合って