101回目の・・・

2月末の日曜日に行われる

 

お隣りの岡山・日生(ひなせ)町の

かきまつりが終わると

 

 

 

 

いよいよ早春だー

 

毎年思う3月です

 

 

 

 

 

 

先日

 

 

 

またまた

 

殻付き牡蠣をお客さまから頂いて

 

 

 

その中で

栄えある第1位のジャンボさん

 

 

 

 

 

殻を開けた一瞬

 

木村拓哉さんになった

 

 

 

 

 

ちょ、ちょ、待てよっ!(←ご想像を)

 

 

 

 

 

激写  激写 

 

 

 

 

 

お客さまが

お店に来られた際

 

 

 

お見せしたいほどの健康優良児

  

まるまると良く育っています

 

 

 

 

 

 

そして 数日前

 

 

おいでになられたので

お見せすることが叶いました

 

 

 

 

堪能させて頂いた御礼も伝えられて

お店で笑い合えて

よかった

 

 

 

 

 

 

お客さま同士の笑い声

 

お連れさまとの楽しそうな

ささやき合い

 

 

 

時には

 

私たち店主との他愛もない会話

 

 

 

 

 

お店というのは

 

毎日

 

 

そんなドラマが繰り広げられる

舞台なのですね

 

 

 

 

 

 

 

そう

 

 

 

ドラマといえば

 

 

新元号最初で101作目でもある

 

この秋始まる

NHKの朝ドラ「スカーレット」

 

 

 

 

ブラタヌキ

自称する自分としては

 

 

 

 

ザ・たぬたぬの聖地「信楽」

舞台と知って小躍りしています

 

 

 

 

 

信楽狸という

日本が誇るコンテンツ

 

 

 

 

完璧なユーモラスと愛の風貌

 

 

 

 

時代も国境もボーダーレスな

 

ひょうひょうとした類のない魅力を

 

 

改めて

気付いて頂ける良い機会かなぁ

 

 

 

 

 

 

 

信楽狸は

 

縁起物という商品ですが

 

 

 

 

ひとつひとつの部位に意味があり

(信楽たぬたぬの秘密は過去ブログにこちら

 

 

 

お求め下さる人への

プロポーズにあふれています

 

 

 

 

求婚する

 

というプロポーズの本来の意味は

 

 

 

 

「提案する」

 

 

 

 

 

商品は

 

お客さまへのプロポーズだと

たぬたぬが教えてくれるのです

 

 

 

 

 

感謝たぬ~

 

 

 

 

 

私たち

さんぽう穀ワリーも

 

 

ひとりひとりのお客さまへの

プロポーズを

 

 

少数精鋭ながら

いろいろ作ってお迎えしております

 

 

 

 

穀琲(こくひー)も

そう

 

 

 

 

 

ただ

 

性分でしょうか

 

 

 

 

 

作為的に感じるものや

作為的な人はちょっと引いてしまうので

 

 

 

 

好きだから作っている

というのに近いです

 

 

 

 

 

熱く感じさせてしまったり

やっつけ仕事のようなプロポーズだと

 

 

お客さまはいつか疲れてしまう

 

 

 

 

 

熱くも 冷たくもなく

 

 

 

 

目指しているのは 

 

 

クスッと笑える

人肌温度のホスピタリティですが

 

 

 

 

 

なかなか

 

まだまだ

 

精進中のプロポーズ真っ只中

 

 

 

 

どうぞ

 

末永く

片目をつむりつむりしながら

 

お付き合い頂ければうれしいです

 

 

 

 

歴代たぬたぬの中でも

 

キング・オブ・たぬたぬに対峙する

店主

 

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

何回見ても思う

 

 

 

 

この

 

たぬたぬは

いったいプロポーズなのでしょうか

 

 

 

 

オレオレたぬたぬ?

 

 

 

ツンデレたぬたぬ?

 

 

  

 

 

 

 

なぜ

 

100回目のプロポーズではなく

 

 

101回目のプロポーズ

 

 

という言葉が胸に迫るのか?

 

 

 

 

 

 

思うに

 

100回というのは臨界点の例えで

 

 

 

 

あと1歩 あと1回

 

 

それを

超えたときに見える景色

 

 

それがドラマを呼ぶのでしょう

 

 

 

 

 

 

 

それでは

 

 

 

101回目のタヌポーズをごらんください

 

 

 

 

 

 

お店という

 

 

名作ドラマは

 

 

 

 

 

 

これからも続く・・・