春雨の手紙

 

 

拝啓 Y.K さま

 

 

 

 

今年の赤穂御崎は

 

桜が思いのほか長く開花して

空が明るい春です

 

 

 

 

 

そちらの京都も

 

山々が美しく染まったことでしょうね

 

 

 

 

 

今日は

 

 

 

届くことのない

 

宛名のない手紙を

 

 

 

 

 

桜の花びらのように

はらりはらり

 

 

春の終りに記します

 

 

 

 

 

 

 

春雨の 

 

あの日

 

 

 

お店の戸袋に差して下さっていた

手紙

 

 

 

 

思いがけない驚き

 

会えなかった切なさ

 

 

 

 

 

入り混じりながら

 

うぐいすの鳴く春を過ごしました

 

 

 

 

 

 

お元気で

 

お変わりなく

 

 

 

たおやかな言葉もそのまま

 

うれしく拝見しました

 

 

 

 

 

そう 初めて

 

お会いしたのは

平成28年6月24日

 

 

 

 

忘れていません

 

いえ

忘れられないのです

 

 

不思議なご来店でしたので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店に飾っている

 

この「点取占い」も

 

 

 

 

見るたびに

 

茶目っ気たっぷりの

あなたを思い出すので

 

 

 

他の「点取占い」に変えることなく

 

飾ったままにしています

 

 

 

お会いできなかった

寂しさは

 

 

また

 

 

いつか 

 

 

 

お会いできる日の楽しみに

変換して

 

 

 

 

 

お店を

 

温めていますね

 

 

 

 

 

 

桜の花びらは

 

 

 

ありがとう

またね

 

 

いいながら散っていく 

 

 

春からの置き手紙

 

 

 

 

 

 

 

 

届くはずのない

 

 

私から

あなたへの

 

 

 

春の置き手紙です