み~るいなぁ

 

み~るいなぁ

 

 

 

 

うれしいなぁ

 

 

 

 

 

 

人生初の

つゆひかりの新芽!

 

 

 

 

 

 

 

 

静岡県の御前崎市にある

 

「山亜里(やまあり)製茶」さんが

送って下さった有難い御厚意です

 

 

 

 

ありがたいやら

もったいないやら

 

 

 

なんとも 心が

み~るく温かくなりました

 

 

 

 

 

 

 

新茶になる生まれたての芽

 

「みる芽」を摘採するこの季節

 

 

 

 

 

生産農家さんが畑の畝の端を

このために残して下さったそうで

 

 

 

 

届いた箱を開けると

 

春の御前崎の早緑が

手招きしているように揺れました

 

 

 

 

 

赤ちゃん葉っぱ

 

 

 

 

こんなに

 

やわらかいんだなぁ

 

 

 

 

 

 

 

御礼の電話をかけた際に

 

 

「みるい」

 

という静岡言葉を聞きました

 

 

 

 

 

なに? なに?

 

 

 

知らない言葉にもやもや

ワクワク

 

 

 

 

聞くと

 

「やわらかい」「みずみずしい」

という意味だそうで

 

 

新茶の葉っぱの表現で良く使うそう

 

 

 

 

 

ところが

 

人に対して使う場合は

 

 

 

「未熟」「幼い」

という意味合いになるのだそうです

 

 

 

ほー おもしろい

 

 

 

 

人は

 

知らないことの方が多い世界で

生きているのだから

 

 

 

みるいは至極当然

 

 

 

 

みるいゆえの甘酸っぱい思い出

 

あります 

ありますとも

 

 

 

 

 

誰しもあるでしょう

 

 

 

 

 

 

おいしいお茶でも淹れながら

 

 

 

一服

お話しましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つゆひかりの深蒸し茶は

 

 

 

 

朝のお茶漬け膳はもとい

 

 

養風あんみつ

など 甘味膳に添えているので

 

 

 

 

 

お飲みになられる皆さまに

 

間近で

見てもらえる良い機会と

 

 

 

 

 

茶房のそれぞれのテーブルに

 

つやめく新芽を置きました

 

 

 

 

 

 

手で触れている人

 

匂いを嗅いでいる人

 

スマホで写真を撮っている人

 

 

 

 

十人十色の愛で方

楽しみ方で

 

 

 

 

爽やかな早緑の風が

 

 

 

 

お客さまの

心の中をやさしく撫でてくれたなら

 

 

 

幸いです

 

 

 

 

 

 

 

 

御縁の赤い糸を

 

 

手繰り寄せながら

 

 

 

 

 

 

日々の一服に

 

 

心を込めながら

 

 

 

 

 

 

 

五月のつゆひかりの

 

 

み~るい風

 

 

 

 

 

今から楽しみです