時の狭間の忘れもの

 

昭和の日が

 

 

 

そぼふる雨に洗われながら

過ぎていきます

 

 

 

 

 

 

今宵は

 

 

 

雨音は「昭和」の調べ

 

 

 

 

 

そう

 

ショパンよりも

 

 

 

 

昭和を奏でる一冊の調べを

 

 

 

 

石井美千子さんの作る

 

 

いえ

 

 

 

作るではなく「語る」人形が

好き

 

 

 

 

 

 

人形作家の先駆者であり

 

 

 

人形絵巻に風穴を開けた

 

第一人者だろうと勝手に信じています

 

  

 

 

 

後に

 

 

 

 

人形作家といわれる人が

数々現れてきたのも

 

 

石井美千子さんの軌跡によるところ

だと思う

 

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 

 

こどもたちの表情に

 

なんだかハッとさせられませんか

 

 

 

 

 

 

大切な 忘れもの

 

 

 

それを呼び起こす人形たち

 

 

 

 

 

 

 

なにより

 

この御方の創作がすばらしいのは

 

 

 

 

美しく

 

懐かしいだけのノスタルジーではなく

 

 

 

 

 

昭和の日本の影を

 

まっすぐに目をそらすことなく

 

 

 

 

見据えているところなのです

 

 

 

 

 

 

 

平成と令和の時の狭間に

 

 

 

 

 

昭和が語りかけてくれる

 

 

 

大切な 忘れもの

 

 

 

 

 

 

 

正しいといわれたことは

 

のちの時代では

正しくないことも多い

 

 

 

 

心の針を

 

どこに向けていいか迷ったら

 

 

 

 

 

 

さかさまに のぞいてごらん

 

 

 

 

ほら 変わるよ

 

 

 

 

 

そう

語りかけてくれる一冊です

 

 

 

 

 

 

 

 

泣いて

 

 

 

 

笑って

 

 

 

 

 

 

疲れたら

 

ひとやすみ ですよ