ポーになる!?

 

 

ここのところの寒さで

 

 

開きかけていた境内の桜も 

ひと休み

 

 

 

 

 

今日の日中は陽気で

 

 

幾分か

つぼみが膨らんだようですが

 

 

まだ 本咲きとはいかない 

 

 

 

 

 

空の青は

春らしい明るさになってきましたので

 

 

来週が桜の見頃でしょうか

 

 

 

 

さて

 

 

 

春をディスカバー(発見)といえば

 

 

スプリンググリーン!

 

 

 

 

 

 

そうです

 

日本の和の伝統色を

目でも美味しく愛でていただくための

 

季節のモンブランタルトシリーズ

 

 

 

 

 

ただいまは

 

 

ディスカバー萌黄(もえぎ)色の

 

「深蒸し茶つゆひかりとパイナップル」

 

 

 

 

主役は

 

静岡県の御前崎市特産の深蒸し茶

「つゆひかり」

 

 

 

味も水色も香りも

惚れて虜になってしまった茶木です

 

 

 

 

 

以前から

 

京都府和束町の石臼挽き宇治抹茶は

惚れ抜いて使い込んでいる碾茶ですが

 

 

 

 

つゆひかりの深蒸し茶は

 

日本の食卓を

お茶が豊かにしてきてくれたことを

 

あらためて

日常の目線で見直させてくれた

 

 

 

 

緑茶

 

一言でカテゴライズできない

 

 

ちょっと贅沢な風土香で

 

 

 

喉元を過ぎるときの

まろっとした奥深い味わいは

 

心身を和ませて癒やしてくれます

 

 

 

 

静岡県の御前崎は

 

↓   ↓   ↓

 

私たちのお店がある

 

赤穂御崎に

どことなく似ている地理

 

 

 

かたや太平洋

かたや瀬戸内海 ではありますが

 

 

 

 

 

そう

 

 

 

 

茶畑の若葉は

日本の春の息吹そのもの

 

 

どうぞ

お楽しみください

 

 

 

 

 

 

ちなみに

 

相棒に選んだ食材は パイナップル

 

 

 

 

ずいぶん昔

 

雑誌の茶特集記事を

 

 

切り抜いてファイルしていた中の

「つゆひかり」の資料を見返すと

 

 

 

 

渋味は少なく

鮮やかな濃緑の水色

 

果実のような甘酸っぱい香りで爽やか

 

とある

 

 

 

 

 

 

果実に合うかも

様々なフルーツで試作して

 

 

 

 

 

「パイナップルに欽ドン賞決定!」

 

相成りました

 

 

 

地道な資料のファイルは

こうして助けてくれたりします

 

 

 

現代は

 

 

 

ネットで検索すれば

 

だいたいのことが分かる時代ですが

 

 

 

ネットで調べて

分かったような気で作るものは

 

 

どこか

金メッキのような

 

 

 

 

お客さまの舌にも心にも

 

すごく浅く伝わるように思う

 

 

 

 

 

本を読んだり

辞書を引いたり

 

 

足を運んで調べたり

足を運んで感じに行ったり

 

 

こうして

資料を自分でまとめたり

 

 

 

 

 

体験でつかんだものは

 

 

有形無形の財産として

 

自分の中に

沈殿していくような気がします

 

 

 

 

 

 

 

気になった記事があれば

 

 

 

すべてカテゴライズして

地道にファイリングしている店主

 

 

 

 

 

雑誌のまま置いておくと

忘却の彼方へ

 

 

 

 

もったいないですね

 

 

 

自分が気になった記事は

 

自分の手でファイルすることで忘れない

 

 

 

 

 

 

「気になる」という勘

 

心に刺さった「何か」は

 

 

 

 

「何か」を察知したアンテナ

 

 

 

 

それは

 

 

必ず後々

 

 

 

支えてくれる相棒になるので

皆さまも

 

「何か」を感じたら

 

 

 

そのとき無理に

答えは求めなくていいです

 

 

 

 

 

「置答(ちとう)」

 

 

 

 

 

答えは

 

 

置いておくと

自ずと分かる日がきますよ

 

 

 

 

 

では

 

少しだけ

 

 

 

店主の地道なファイル棚を

 

 

 

ここからは 余談

 

 

 

 

 

実は この

モンブランタルトを試作しているとき

 

 

 

 

店主との話のやり取りで

 

 

 

ある日

 

店主が言いました

 

 

 

 

 

 

 

「これ失敗したら、全部、ポーになるよ!」

 

 

 

 

 

 

 

・ ・ ・ WHY?

 

 

 

? ? ? ポー?

 

 

 

 

 

「…それって…もしかして”パー”のこと?」

 

 

 

「あっ、そうそう、パー!パー!」

 

 

 

 

 

 

えええええ

笑笑笑笑笑

 

 

 

 

 

 

そうなのです

 

 

 

 

 

店主は

 

 

糸井重里さん流に言うならば

 

 

いいまつがい

 

よみまつがい

 

 

 

という

 

予想だにしない可笑しな

いいまつがい が

 

 

 

連なる茶畑のように

山ほどあるのです

 

 

 

 

それも

 

伝説級の

 

 

 

 

 

たとえば

 

 

 

 

新聞の社会面の事件記事で

こんな見出しがありますね

 

 

 

ある朝

 

 

店主が呼ぶ声がするので行くと

 

 

新聞を広げて見ている店主が

こう

言うのです

 

 

 

 

 

 

「ちょっと、ちょっと!

これ見て。

軽傷でもないよ、重傷でもないよ。

”超負傷”ってどんなんやろね?」

 

 

 

 

 

・ ・ ・ W H Y?

 

 

 

 

 

? ? ? 超 負 傷?

 

 

 

 

 

 

 

「…そ、それね、”50人超える”人数の負傷って意味」

 

 

 

 

「えっ!?そうなん!?」

 

 

 

 

えええええ

笑笑笑笑笑

 

 

爆笑の渦潮に

危うく溺れかけたことがあります

 

 

 

 

 

 

先日の

 

「ポー伝説」が新たに加わり

 

 

 

 

 

しばらく お店では

 

 

「ポー」が流行語になりました

 

 

 

 

 

 

本日の店休日も

 

 

 

明日からはじまる

「あんみつ」と「パーフェ」や

 

 

ケーキの仕込みや焼菓子製造で

 

 

 

店にこもって準備している店主に

 

 

気持ちばかりの

好物のおにぎりを作る日々

 

 

 

最近

 

 

とみに問い合わせが増えてきた

パー 

いえ「ポーフェ」の準備に

 

励んでおります

 

 

 

 

 

ポーになる!

 

あまりに面白かったので

 

 

 

気持ちばかり

切り絵でパイナップル作りました

 

 

 

 

 

 

たぶん

 

 

店主に

 

 

 

「このタルトは何が入ってるんですか?」

 

たずねたら

 

 

 

 

 

顔を赤らめながら

 

 

 

 

こう言ってくれるかも???