越中か越前か

 

そばの実が

こんなにも面白いとは…

 

 

 

コロンブスの卵ならぬ

コロンブスの実

 

 

 

 

 

試作する日々は

まさしく

 

日本ふしぎ発見! でした

 

 

 

 

 

 

市場に流通しているものは

北海道産が多いそうですが

 

 

 

 

 

そばの繊細な風味と良質なものを

尽きつめていくと

 

 

やはり

北陸にたどりつくそう

 

 

 

 

そもそも

 

 

 

 

新しいブレンドの穀琲に

そばの実を選ぶことになった経緯

 

 

 

 

 

 

神戸に所用で行くことがあり

 

 

赤穂で開店するまでは

神戸に長く住んでいたこともあって

 

 

 

 

当時

 

お借りしていた畑が今どうなってるのかな?

 

 

なんて

 

 

思い出話をしながら

ぶらぶら巡り旅をすることに

 

 

 

 

 

ちょうど昼時だったので

 

 

 

 

記憶を手繰り寄せ

当時も寄っていた蕎麦屋さんへ

 

 

 

 

 

懐かしいなぁ…

 

 

美味しいなぁ…

 

 

 

 

 

つやつやの蕎麦

 

とろりとした蕎麦湯

 

香りの強い金色のそば茶

 

 

 

 

 

そばが喉を通るときも 

 

ある映像が

頭から離れませんでした

 

 

  

 

 

 

私たちが作っている穀琲に通じる

 

 

黒薬豆の畑と同じ景色の風

 

 

 

 

そばの畑の映像が浮かんでくるようでした

 

 

 

 

 

 

 

帰途の車中で

 

 

 

 

「蕎麦をブレンドした穀琲って、どうやろ?」

 

 

 

 

店主の問いかけに

同じ気持ちでいたことに驚きました

 

 

  

 

 

 

気持ちが同じなら話は早い

 

 

 

 

 

でも

 

 

「そば」という穀物をよく知らない

 

 

まして 使う機会も今までない

 

 

 

 

 

 

 

そこで

 

 

そばの畑が

 

頭の中で浮かぶキッカケとなった蕎麦屋さんに

 

 

思いの経緯をお伝えして

教示していただきたい旨を

 

早速に問い合わせました

 

 

 

 

 

 

すると

 

 

店主さんは2年前に

そば打ちの師匠からお店を譲り受け

 

 

もともとの店主であった

その師匠は

 

 

こだわりの良質の蕎麦粉を求める人が

口コミで増えて

 

現在は

 

そばの買い付け販売と製粉が専門の生業になり

そば研究所を構えている

 

 

 

私たちのことを

師匠に伝えて下さるとのお話に

 

有難い思いでお願いしました

 

 

 

 

 

そうして

 

そば打ち師匠とお会いできる機会を頂き

 

 

 

初めて聞く

そばにまつわる楽しく深いお話

 

 

 

 

小さな日本の国だけど

 

まだまだ

 

 

 

知らない日本の風土がある

 

それを

鮮やかに塗り替えられた日でした

 

 

 

 

 

 

穀琲を通じて

 

 

 

 

日本の風土香を

 

お伝えできる一杯になれば

うれしいです

 

 

 

 

 

北陸のおすすめ生産地3つ

 

 

それぞれの蕎麦サンプルを

ありがたく頂いたものの

 

 

 

 

 

 

正直

 

 

 

こんなにも迷うとは思いませんでした

 

 

 

 

 

 

そばの実が生産地によって

大きさも粒の形もまったく違う

 

 

 

 

焙煎して挽いて

穀琲にブレンドすると

 

 

それぞれに 

また違う味わいが…

 

 

 

 

 

 

 

味の終着点に

 

 

 

 

最後まで迷いました

 

 

 

 

 

 

「越前」2種は

ひと口目は強めの香味を感じて面白く

 

余韻はすっきりと潔い

 

 

 

 

 

「越中」は

山のような弧を描くクラシカルで

柔らかな香味

 

余韻は長く風のように漂う

 

 

 

 

うーーーーん

 

「越中」か「越前」か

 

 

 

 

果ての果てまで考えて・・・

 

 

 

富山県の八尾(やつお)町の

 

 

 

「越中」

 

 

 

越中八尾に決まりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

越中八尾といえば

 

 

 

「おわら風の盆」

 

 

 

 

 

五穀豊穣と永世の繁栄を祈り

 

 

唄い踊り継がれている

伝統ある民謡行事です

 

 

 

 

豊かな富山の町人文化が花開いた

 

この八尾町の

 

 

 

風を受けながら育った

そばの実です

 

 

 

 

 

初秋のおわらの風が吹くころ

 

 

風情あるぼんぼりが灯る諏訪町本通り

 

 

写真の参照サイト「VISIT富山」http:// toyama.visit-town.com/toyamastyle/yatsuo
写真の参照サイト「VISIT富山」http:// toyama.visit-town.com/toyamastyle/yatsuo

 

 

越中穀琲の

 

叙情豊かな香味を伝えるような

 

 

「おわら風の盆」

 

 

 

 

 

まさしく

 

クラッシックアロマです

  

 

殻を除いた そばの実は

 

 

 

こんなにも

柔らかな緑色

 

 

 

これを石臼で挽くと

そば粉になるのです

 

 

 

 

 

そばの実の

芯の色に秘められた

 

柔らかなたくましさを表す色

 

 

 

 

その同じ色をパッケージにしました

 

 

 

 

 

 

クラッシックアロマ穀琲

 

お待たせしました

 

 

 

 

 

 

どうぞ

 

お楽しみください