小さなお知らせや

日々のよもやま話を

ときどきですが綴ります 

 

2022.4.29

宍粟に移ってきて初めての

ゴールデンウイークを迎えました

 

ゴールデンなマンゴータルトも

艶めく光を放って並んでいます

 

先日

焙じた藍の茎を煮出したタレで

チャーシューを試作したとき

 

そういえば・・・

 

ラーメン鉢って

底に店名とか入ってたりするな

と電光石火でひらめいて

 

オンラインショップにご注文を

下さったお客さまへの箱の底に

 

商品を取り出した後を想像して

ひとことメッセージを初めて

敷いてお送りしてみました

 

お手元に届いたかしら・・・

 

ご来店下さっているお客さま

オンラインショップを

御愛顧下さっているお客さま

 

はたまたオンラインショップを

ご利用していただいた上に

ご来店して下さっているお客さま

 

皆々さまのお陰で

まもなく移転から半年経ちます

いつもありがとうございます

 

ゴールデンウイークだろうが

あまり気負いのないまま

ひっそりコツコツ作っていますが

 

「おいしかった」というお声

ただく毎日こそが何よりの

ゴールデンです

 

店じまいの夕方5時ごろ

 

ひとまず雨は上がったけれど

青空を押し流す強い風の音を

聞いていたら又ひらめきました

 

よーし!

オンラインショップでご注文の

皆さまへお届けする箱の底

 

これからもゴールデンメッセージ

を忍ばせることにしよう

何を書くかは個々つれづれに

思いつくままに

 

 

2022.4.28

同じ景色を見ている

 

宇宙船地球号の乗組員

玄関でゲコゲコ

 

お店の外の窓枠にも

 

なぜに?そこにへばりつく?

春真っ盛りの命がいっぱい

 

藍の葉や茎でいろいろ試作中で

 

種から育てて本藍染めをしている

Tさんに試食試飲をしてもらって

昨日は楽しいひとときを

 

藍になるアイのもつ深淵な深さ

まだまだ底があることに震えます

 

アイの成長を想像しながら

藍の命の歌声に耳を澄まそう

 

世界は愛に満ちている

こんなところにも

 

 

2022.4.25

風を待っている綿毛

 

今日は少しまじめな話を

 

人はみんな見た目で分かる部分と

溶かして話さないと分からない

氷山のかけらを持っている

 

お店という限られた時間と場で

一期一会のお客さまとの会話で

 

お客さまが欲している答えを

察することができているのかと

いつも自問自答しています

 

お子さまのアレルギーに心を砕く

お母さんは本当に真剣で

 

でも 食べもの以外のことも

複合的にとらえてほしいと

思い余るときはお伝えしています

 

たとえば

食べものや水以外の住環境

体のクセから生まれる歪み

言葉のクセから生まれる習慣

 

栄養ドリンクやエナジードリンク

コーヒーやチョコレートなど

カフェインを摂り過ぎていないか

歯や体内の重金属の過多

 

化学物質や化学調味料の多い

加工食品を食べ過ぎていないか

サラダなど生のものや小麦類や

豆類(豆腐・豆乳・納豆はいい)

食べ過ぎていないか

 

精神的なストレスや睡眠不足

電子機器(電磁波)の長時間使用

 

湯船にゆっくり浸かっているか

洗濯の柔軟剤を常用していないか

 

ほかにも複合的な要因は考えられ

体を作る食べものは土台の上で

見つける原因が多々ある現代です

 

いまの流れで思うことは

良いものを入れることと同じく

「しっかり出すこと」が大切で

そして明るい気持ちで過ごすこと

 

解毒や排毒には緑茶や薬草茶

穀琲や味噌汁も実は良いのです

 

お客さまが明るい笑顔で

おいしいねと食べものを囲む姿

その答えを見つけられますよう

商品を通して切に願っています

 

ボブ・ディランの

「風に吹かれて」の歌詞

 

「その答えは風に吹かれてる」

たんぽぽの綿毛に重ねて

 

 

2022.4.24

イタドリがこんにちは

 

生えるかな?と期待していたので

やったー!!

駐車場にしている敷地に点々と

 

若い葉は すりつぶして傷口や

痛みのある所に塗ると

血止めや痛み止めになることから

虎杖(イタドリ=痛取り)の和名が

 

シュウ酸が多いのでアク抜きは

しっかりと一晩かかるけれど

 

何とも珍味で昔から大好きです

 

節の間隔が短い上半分くらいが

食べる目安でアク抜きの方法は

わたしの場合ですが

 

ピーラーで皮をむいたら

鍋に入るくらいの長さに切る

(緑色で中に穴が空いています)

 

ポイントは湯を沸騰させないで

80度くらいまでのに入れて

箸でコロコロ(1分くらい)

 

緑色が白っぽく変わったらすぐ

水にさらします

 

ゆでる時間は手短にしないと

つぶれて食感が出ないので注意

大事なのは水に一晩さらすこと

 

ボウルなどに水を張って

ドボンとさらしたイタドリに

できれば水道の蛇口から雫が

ポッタン…ポッタン…と落ちる

くらいの水で一晩さらすとGood

 

ご家庭の蛇口が最新すぎて

雫がポッタン…できないようなら

こまめに水を替えるといいです

 

アク抜きしたイタドリは

見た目は「元気のないちくわ」

それが本当にちくわと合います

 

適当に切ったイタドリとちくわを

油で炒めて酒・砂糖・醤油・味醂

花かつおでの炒め煮はおすすめ

 

イタドリの食感がなんともよくて

ごはんのおかずはもちろん

酒の肴にもぴったりなのです

 

若い葉はそのまま天ぷらにしたり

アク抜きしたイタドリも

いろいろな食べ方ができますが

 

結局 オーソドックスな

ちくわ最強コンビにたどりつく

 

ここにも春を告げる旗が

ひらひら

 

その足元に春を告げる虎の杖

よかったら探してください

 

 

2022.4.20

まぶしいくらい新緑が鮮やか

 

ホームページの全景を撮り直しに

散歩をかねて坂を降りたら

 

お隣の○○さんの柿の木

枝ぶりがそれは見事な巨木で

 

4月6日のビフォー写真がこちら

 

あれから2週間ほど経った

本日の勇姿

 

! ! !

巡る命のビフォーアフター

 

静かに密かにじわじわ

ひとり感動しておりました

 

 

2022.4.18

タラの芽が成長する早さに

すさまじい勢いにびっくりする

 

人間が手出しできない野力だ

 

四季のEarth Breadシリーズに

新たまねぎブレッドが仲間入り

 

これも今だけの野力

旬はあっという間で尊い

 

 

2022.4.17

遠赤外線の直火ガスオーブンから

焼きたてほやほや顔の

フロマージュ・ルポゼ

 

「休ませる」意味の「ルポゼ」

には問いかけのメッセージを

ちょっぴり含ませています

 

昨今の日本のマスメディアの

偏った情報統制は目に余るし

 

いまの日本は何かおかしいよね?

と本当に気づいている人が

増えていると信じたいけれど

 

情報を拾いすぎたり見過ぎたり

鵜呑みの盲信が大手を振って歩く

 

休まない交感神経ばかりの今に

お節介ながら憂慮しています

 

ゆったりと副交感神経が働き

自律神経が過剰にならないよう

日々の何かで助けになるもの

 

お店を通して食べものを通して

わたしたちが伝えられること

一緒に考えていけること

 

お店に並べるひとつの商品には

御縁ある方々ひとりひとりの

困りごとを解消したいという

気持ちがどれも含まれています

 

健全に生きていくために

健全なものを食べて

マスクを取って太陽を浴びて

新鮮な自然の空気を吸う

 

そしてときどき

情報の渦から脳を「休ませる」

 

SNSもYouTubeもしない

ほぼ見ないガラパゴスな自分が

どう申しましても

説得力ないかもしれませんが…

 

未来の羅針盤が

健全な方向を指すように

 

時には ルポゼ しませんか?

 

 

2022.4.13

お店の窓回りを補修しようと

今からオスモ塗装をする準備

 

オスモは人体や動植物にも無害で

自然の植物性塗料なので安心です

 

クリアーのDekorwachs3101は

浸透性塗料で木の呼吸を妨げない

 

コップを置いたりした跡が残らず

色素のある水滴も沈着しないので

カウンター席にも塗っています

 

焙煎室と菓子工房の緑の壁や

白木の引き戸も自らオスモ塗り

 

そういえば改装が終わった当初

この引き戸を何の色で塗ろうかと

あれこれ思案していたところ

 

建具屋さんが白木は経年劣化を

楽しむのも結構いいものですよ

言われたことで迷いが吹っ飛ぶ

 

そうか!!

(頭の中に電球のあのマーク)

 

木目や木肌色の経年劣化こそが

建具の味わいに変わる考え方に

目からウロコが落ちて

 

白木に着色することを止めて

手垢や汚れの防止だけのために

オスモクリアー3101を

塗ることにしたんだよなぁ

 

ちょっと ひとやすみ

 

ブレイクタイムのアイスラテを

ストローでくるくる回す店主

 

そうだね  経年を楽しもう

 

 

2022.412

店主のホームグラウンドでもあり

お世話になった弓削牧場さん

 

社長ご夫妻が先日お越し下さって

お忙しいなか有難い気持ちです

 

フロマージュ・フレ(生チーズ)や

低温殺菌ノンホモ牛乳を使って

 

試行錯誤しながら七転八倒で

菓子作りに向き合っていた店主が

 

場長さんと奥様の横に座って

嬉しそうに話しているのを見て

いろいろ思い出が浮かびました

 

冷や奴チーズは弓削さん独自

 

フロマージュ・フレ(生チーズ)は

やっぱりそのままいただくのが

ストレートにおいしいなぁ

 

すだちがなかったけれど

かつおぶしに生醤油かけて

 

今はチーズの発酵だけでなく

バイオガスなど循環型農業への

発酵の取組みをされるパイオニア

 

わたしたちが宍粟を選んだ

理由のひとつが

「発酵のまち宍粟」という

行政の取組みでもあります

 

宍粟に移ってき

新しく作ったチーズケーキ

「フロマージュ・ルポゼ」

 

この新しいチーズケーキを

さっそく弓削さんに召し上がって

いただけてよかった

 

フロマージュ(チーズ)と

ルポゼ(休ませる)の意味で命名

それはチーズの休日

 

製造過程で休ませることで

極限のなめらかさを形にしました

 

発酵は最高の未完成

思い描いた味ができました

 

 

2022.4.7

明日から四季の甘味膳が

 

「養風あんみつ」と

「石臼挽き宇治抹茶のパーフェ」

に季節替えとなります

 

 

パフェの本来の語源

「パーフェ」

 

「完全無欠の甘美な女王様」

という意味の「パーフェクト」

から名付けられたといわれ

 

その歴史ある名前にふさわしい

艶っぽく甘美なくびれのグラスに

 

アイスクリームやフルーツ

焼菓子やソースの幾多の層で

冷菓の饗宴を奏でています

 

パフェよりもパーフェ!な

女王様とあんみつ姫

 

どちらがお好みでしょうか

 

 

2022.4.6

山菜が大好きなので

いまが一番わくわくする季節

 

せり たらの芽 つくし こごみ ふき

ウドや葉ごぼうのきんぴらなんて

もう最高に好きな春の味

 

新ごぼうもおいしい時なので

Earth breadシリーズに

ごぼうブレッドが加わりました

 

ごぼうそのものが良い出汁になる

底力がつく大好きな根菜

 

かきあげにごぼうは絶対入れる

生粋のごぼう星人です

 

山崎ICの高架を越えて少し先の

29号線沿いにある旬彩蔵山崎

 

当店への道すがらに立ち寄って

ぜひ旬の息吹きをお楽しみ下さい

 

ハナズオウとアセビの花を

一斗升に生けたり

 

キンセンカとムスカリを

お手洗いに生けたり

 

またたく間に過ぎていく店休日

 

山桜で染まりはじめた道中を

走る車の中から眺めながら

 

甘味膳の季節替えの準備が

これから山ほど待っていることを

 

頭の端に追いやっている自分と

山の息吹きが交差していった

 

ああ なんて

うららかな昼下がり

 

 

2022.4.4

花の目になってみよう

 

こういう感じ?

 

花もきっと花見を楽しんでいる

 

視点を変えれば

自然はサプライズをくれる

 

宍粟に人生の拠点を置いて

大切にしたいことが日ごと

変わってきています

 

 

2022.4.1

すこしずつ山が早緑に

 

山桜はまだのようですが

お店から見える製材所の桜が

とてもきれいで

 

山笑う特等席

 

一昨日 思わず撮った一枚

 

川の流れと桜は合うなぁ

ゆうらりと風にしなる花枝と

反射する川面のプリズムが