田んぼと畑から生まれた国産100%穀琲(こくひー)

「こんな豆あるで。食べてみて」

2012年 農家さんから  珍しい黒薬豆を

いただいたのが  はじまりでした

物は語る。~穀琲物語~

「米を炊くとき、混ぜて炊いたらええよ」

 

と聞き、さっそく米に混ぜて、炊いて食してみる。

なるほど、極小の粒は 存在感ある固さ。

これならフライパンで煎ってお茶にしても美味しいかもしれない。

 

さっそく試す。思ったらすぐ試す。

「よくある黒豆茶とはまったくちがう!真っ黒!香りも味も…」

 う~ん、なんだろう。

面白い素材に出会ってしまった。

 

それから、ずっと煎っては、お茶にして飲み続けた。ある日、

ふと頭痛や肩こり、目の疲れを気にしていない自分に気付く。

「なんだか分からないが、気にならないのは体調がいいのかな」 

 

思い返すと、コーヒーを飲みたいと思わなくなっている。

いや、毎日ひんぱんに何杯も飲んでいた今までとは、明らかにちがう。

自分の体から聞こえてくる声。なんだろう? 耳を澄ます日が続く。

 

ある日、見るからにひどく疲れた様子のお客様がやってくる。

 

「このお茶、個人的に私が好きで飲んでいるのですが、よかったら…」

 

熱々の黒薬豆茶を出した。お客様が笑顔になった。ああ、よかった。

こんな日が何度か続くうち「あのお茶、売ってないの?」

と、言われることが多くなる。 

 

ふと、いつも手立てしているコーヒードリップに目が止まる。

「!!!こんなに漆黒の香ばしい味、ひょっとしてコーヒーに…」

 

ひらめきが駆け出した、2013年の冬の日。~穀琲物語プロローグ~


物は夢みる。~穀琲誕生~

 

 

 

鎖国をしていた時代 

 

長崎の出島にコーヒーが

どんぶらこ どんぶらこ と やってきました

わたしたちの先祖は

西洋から入ってきたコーヒーを

長い年月をかけながら和名で「珈琲」という名を編み出して現代に コーヒー文化を築いてきました

 

「コーヒーもいい、こくひーもいい」

 

西洋と日本の 文化のちがいを 大切にして

日本の先達を敬い 穀琲®(こくひー)を 

よりよい食の選択肢にと願っています

 


物は旅する。~穀琲六十三次~

 

黒薬豆発祥の兵庫を起点として

 

穀琲と 日本各地の農産物がつながる

新しい旅味プロジェクト「穀琲六十三次」

 

ともに旅の道中を楽しみませんか?

 



山梨 アイス甲斐珈琲(夏季限定)

ひと縫いひと縫い 仕立て上げる

在りし日の日本の ミシンのように

 

この穀琲は こつこつ時を重ねています

 

もとをたどれば  

一本の糸  ひとつの縁がはじまりでした 

 

この一杯が ひと縫い ひと縫い 

誰かの明日に つながることを想いながら

 

美味しさの頂をめざして

 

一日一日 穀eryに向き合っています

 

これからの 直線曲線のつながりは

穀琲の糸だけが 知っているのかもしれません